2022年度

田園調布雙葉小学校附属幼稚園
麻布みこころ幼稚園
 合格

先生に100%ついてゆく

今回の受験にあたり、娘は習い事の経験もほぼなく、長女の小学校受験とも重なっており、また共働きのために日中は仕事で対応できないことも多くありました。そのため、先生方にもご心配をおかけしたと思います。

しかし、先生は共働き・ダブル受験ということもご理解くださり、スケジュール管理等をご指導いただきました。先生に100%ついてゆくと家族で決め、私たちの受験が始まりました。

先生のさりげないリード

面接や願書の対策については、親子遊びや面接練習を通して、夫婦で先生とお話しする機会をたくさんいただきました。

「我が家がどんな家庭で何を大切にしているのか、娘にどのように育って欲しいのか」という思いをどのようにしたら伝えられるかを、先生のさりげないリードに従って考えをまとめ、深めることができました。

厳しいお言葉をいただいたことも

いつも優しく励まし、支えてくださった先生から、一度だけ厳しいお言葉をいただいたことがあります。体験保育の際、お返事やご挨拶ができない娘に怒ってしまったことをご報告した時のことです。

「彼女は人一倍繊細で優しいお子様です。大好きなママに喜んでもらいたくて、いつも一生懸命です。今日のことは萎縮させられているのではないか、もしくはプレッシャーで押しつぶされそうになっています。彼女は必ず結果を出しますが、それにはプレッシャーではなく、ママの心からの信頼が大切です。出来ても出来なくても愛されているという実感が大切であり、今が分かれ道だと思います」。

先生のこのようなお言葉にはハッとさせられ、大変落ち込みましたが「母親として変わらなくては」と考え直し、それからは我が家だけの愛情深い時間を大切に過ごすことができました。

家族まるごと支えられて

家族のアップダウンもたくさんあった中で、先生には家族まるごと支えていただきました。苦しい時間もたくさんありましたが、受験を通して家族で向き合うことができました。

無謀だと思っていたダブル受験を乗り越えられたのも、慶楓会の先生方のおかげであり、今は感謝の一言です。

もくじ
閉じる